日時期間形式

日数や時間などの期間を表す種類です。
日時形式とは異なり、日数,時間,分,秒,ミリ秒など相対的な値を保持します。

作成する方法

値という日時期間形式(「1.12:23:45」)を作る

日時形式の値を引き算すると日時期間形式型の値が得られます。

経過期間は、今日-[「2019/04/01」を日時形式化したもの]

手順

次の手順が使用できます。

【自分】へ【D】日【H】時間【N】分【S】秒〈【S】ミリ秒〉、足す

指定した値だけ経過した時間を設定します。自分の値が変わります。

3時間後の経過時間を求める

経過時間という日時期間形式を作る
経過時間へ3時間足す
経過時間を表示する	//経過時間が変わる

【自分】へ【D】日【H】時間【N】分【S】秒〈【S】ミリ秒〉、足す:日時期間形式

指定した値だけ経過した時間を返します。

3時間後の経過時間を求める

経過時間という日時期間形式を作る
経過時間へ3時間足して表示する
経過時間を表示する	//経過時間が変わらない

【自分】から【D】日【H】時間【N】分【S】秒〈【S】ミリ秒〉、:日時期間形式

指定した値だけ経過した時間を返します。

3時間後の経過時間を求める

値という日時期間形式(「1:30:20」)を作る
値から3時間後を表示する

【自分】から【D】日【H】時間【N】分【S】秒〈【S】ミリ秒〉、引く

指定した値だけ戻した時間を設定します。自分の値が変わります。

15分前の経過時間を求める

経過時間という日時期間形式(「1:30:20」)を作る
経過時間から15分引く
経過時間を表示する	//経過時間が変わる

【自分】から【D】日【H】時間【N】分【S】秒〈【S】ミリ秒〉、引く

指定した値だけ戻した時間を返します。「前」名詞手順と同じです。

15分前の経過時間を求める

経過時間という日時期間形式(「1:30:20」)を作る
経過時間から15分引いて、表示する
経過時間を表示する	//経過時間は変わらない

【自分】から【D】日【H】時間【N】分【S】秒〈【S】ミリ秒〉、:日時期間形式

指定した値だけ戻した時間を返します。名詞手順

15分前の経過時間を求める

値という日時期間形式(「1:30:20」)を作る
値から15分前を表示する

【自分】と【日付】の時間差:日時期間形式

指定した日時形式との差を計算します。名詞手順

2つの経過時間の差を求める

値1という日時期間形式(「5:23:32」)を作る
値2という日時期間形式(「4:52:02」)を作る
値1と値2の時間差を表示する

【自分】を【書式:文字列】に、整える:文字列

日時を指定した書式に合わせた文字列として返します。

書式は、.NET Frameworkの数値書式で指定します。

経過時間を決まった書式に整える

値という日時期間形式(「12:23:45」)を作る
値を「hh時間mm分ss秒」に整えて、表示する

設定項目

次の設定項目が使用できます。

設定項目   説明
内容 内容を文字で表します
日数 期間の日数部分を表します
時間 期間の時間部分を表します
分数 期間の分数部分を表します
秒数 期間の秒数部分を表します
ミリ秒数 期間のミリ秒部分を表します
整数値 日時期間を整数値で表します
期間を100ナノ秒単位で表したものです。
合計日数 期間の日単位で表します
合計時間 期間の時間単位で表します
合計分数 期間の分単位で表します
合計秒数 期間の秒単位で表します
合計ミリ秒数 期間をミリ秒単位で表します

記号の意味

型変換

この種類は、次の別のデータ型へ自動的に変換できます。

方向 説明
文字列 ←→ 「内容」設定項目と同じ

サンプルコード

今日から一日後の日付を求める

今日から一日後の日付を表示します。

値は、今日
値に1日足す
値の日付を表示する

ページ先頭へ